ツクリッテとは、新しい商品開発のかたちです。「いいもの」をつくる新しいコミュニティに参加しませんか。 TSUKURITTE STORE - 現在試験販売中の商品はこちら -

ツクリッテラボが目指すもの

ツクリッテラボは、新しい商品開発のかたちです。
メイドインジャパンの素晴らしい商品をもっともっと増やすことで、
日本の地域のものづくりが元気になっていくことに貢献したいと考えています。
志を同じくする人たちと新しいコミュニティを創っていきます。
私たちが思う「いいもの」とは、つぎの通りです。

1地域に根付いてきた、育まれてきたモノづくりをこの先も続けていくことにつながるもの。2そのつくり手(メーカー)だからこそ作れる、作る意味があるオリジナル性が高いもの。3それをつかう、つかい手(ユーザー)の幸せが想像できるもの。

ツクリッテラボが考える「いいもの」のつくり方

いい商品をつくるのにとても重要なのは、その商品をつくろうと思うつくり手
(メーカー)の熱意です。その情熱が周囲の人を巻き込み、商品に力を与えて
くれます。そしてその商品を使う人を想像する、すなわちその商品を売る
売り場を想定して、つくり込んでいく必要があります。
デザイナーの力はもちろん、時にはその売り場のバイヤーのアドバイスを得る
ことが有効であると考えます。

メーカーによって、必要なプロデュースは商品開発だけではなく、webを使った
プロモーションであったり、販路に向けたストーリーづくりであったり、様々
です。ツクリッテラボでは単なる一機能のマッチングに留まらず、販路を
見据えた商品開発全体を支援し、売り続けるところまで関与します。
その商品づくりに必要な人達をアサインしてくれるプロデューサーの力も借り
ながら、商品開発チームを創りチームの力を結集して「いいもの」を創り出し
ます。
これにより、既存のマッチングサービスよりも一歩踏み込んだコミュニティを
醸成していきます。

なお、外部のプロデューサーを起用する際の
初期コストは、ツクリッテが負担します。

ツクリッテラボでできること

01:商品開発チームの結成

新商品をつくりたいつくり手(メーカー)様に、
外部のプロを紹介し、
商品開発チームを結成できます。

02:WEB上での試験販売

開発中の新商品をWEB上で
試験販売にかけることで、
開発のリスクヘッジと
マーケティングができます。

03:ショップバイヤーとの協業

最初からバイヤーを巻き込んだ
商品開発を行うことにより、
狙った販路で販売する可能性を高めます。

単体のマッチングから一歩踏み込んだ、継続的取り組みを目指します。

参加バイヤー様

  • TENOHA daikanyama
  • TOKYU HANDS
  • STYLE STORE
  • ギフト専門サイトCOCOMO
  • ARIGATO GIVING
  • トルテ
  • にっぽん てならい堂

参加バイヤー様を随時募集しております。詳しくはお問合せください

TSUKURITTE LABに参加しませんか?

ツクリッテラボでは、プロジェクトへの参画者を募集しています。

メーカー様、プロデューサー様、バイヤー様、メディア様、デザイナ様など

詳細はこちら

ツクリッテラボについてのお問合せ・参加は、お気軽にどうぞ!

お問合せ参加する

参考事例

case01

PROOF OF GUILD(プルーフ オブ ギルド)

×

株式会社ノット

真鍮キーリングやジュエリーなどを、1点ずつ手作りで作られているPROOF OF GUILD(プルーフ オブ ギルド)。新たにベルトを制作したいという思いがあり、ベルトメーカーを探していました。同社にとっては革小物関連の制作は初めての試みで、またなるべく早く製品化したいという希望があったため、弊社(TSUKURITTE)が条件に該当する2社を厳選してご紹介。その中から株式会社ノットと商談が成立、2週間後にはサンプルが完成、1ヶ月半後には展示会で発表、半年後には初回在庫の生産が完了。エンドユーザーのお客様にもご好評をいただき、好調に動いています。

case02

Supermama

×

株式会社キハラ

シンガポールの人気ギャラリーショップ"Supermama"が有田と共に手掛けたコラボレーション商品。SupermamaのファウンダーEdwin Low氏が5人のシンガポール人デザイナーを起用し、有田の染め付けの技法を活かしつつ、シンガポール人が見れば誰でも分かるシンボルを5種類のシリーズにデザイン。商品発表直後から現地でも高評価で、人気商品となりました。また伝統的な産地とシンガポールデザインを結びつけた事も高く評価され、2013年President's design award"Design of the year"を受賞し、政府関係者の贈答品にも使われています。以後、日本の様々な産地のメーカーと共に手掛けています。

case03

STYLE STORE

×

sunao

HERZ

東京・渋谷で40年以上にわたって、革製品を作り続けているHERZ(ヘルツ)。バッグブランド、sunao(スナオ)のデザイナー 河本 静香氏とのコラボレーションで誕生したバッグです。今までになくやわらかなラインのA4トートは、完全受注生産で、納期約2ヶ月という条件ながら、「待ってでも欲しい」と多くのお客さまからご注文を頂き、累計実績700点以上のロングセラーとなりました。ビジネスユース過ぎない独特のフォルム、PCを入れても安心な頑丈さも人気の秘密です。

PAGE TOP