工場・デザイナー探訪

サンプル提案型のスタイルで、つくる側と「一緒に」オリジナル商品を開発

KENICHIRO OOMORI MOVING DESIGN 大森 謙一郎

(東京都 プロダクトデザイナー)

  • 商品企画開発支援
  • デザイン設計
  • パターンメイキング
  • 素材・材料の手配提供
  • サンプル・試供品の制作
  • 金型・工作機械の使用
  • 本生産
  • 小ロット生産可能

今、工芸品分野などで重宝されているデザイナーがいる。今回訪問したKENICHIRO OOMORI MOVING DESIGNの大森 謙一郎さんだ。大森さんはデザイナーでありながら、自らが手を動かしてサンプルをつくる。その領域は、木工、鉄工、樹脂加工、縫製など幅広い。母校である、日本大学芸術学部デザイン学科の工房担当でもあり、学生にいろいろな工具や機械の使い方を教えながら、自身も日々研鑽を重ねている。サンプルは工場側で製作するのが通常だが、依頼者や工場は大森さん作ったサンプルを見て話をすればよい。そのため、オリジナル商品が作りたい工芸品メーカーを中心に、口コミで仕事の輪が広がっている。

家具づくりにより今のスタイルを確立

大森さんがものづくりの道を意識したのは、高校生のときだ。少しでもものづくりに近いところに行きたいという理由で、大学は日本大学芸術学部のデザイン学科インダストリアルデザインコースを選んだ。しかしいつしか、インダストリアルデザインの制約の多さを、不自由に感じるようになったという。ちょうどその頃に訪れたデザインイベントで、家具に出会った。「家具だったらもっと自由に、触り心地などの感覚も表現できる」と思ったそうだ。

そこで就職活動では、オーダー家具専門の会社を片っ端から調べ、驚くことに「無償でもよいので働かせてください」と飛び込みで訪問したという。そのうちの1つの会社のデザイナーの元で家具づくりを学べることに。グラフィックデザインの仕事を請け負いながら、必要な工具を揃えていき、試作品づくりに没頭した。

実は大森さんの事務所の近隣、三田界隈は、芝家具という桐たんすなどが盛んな地域で、昔は家具工場や専門の金物屋などが集積していたそうだ。そこに親近感がわき、その界隈にある家具工場に試作品を持っていき、商品化しようとした。しかしながら、なかなか話を聞いてもらえず、しばらく通うことに。あの手この手でやっと打ち解けてきたある日、家具デザイナーの長 大作さんが訪れた。その様子を見たとき、デザイナーと職人が「一緒に」ものづくりをしている感じがひしひしと伝わってきたそうだ。それ以来、「一緒に」という感覚を大事にしているという。

サンプル提案型のスタイルが好評に

家具づくりに没頭していたある日、大学でお世話になった先生に声をかけられ、東京デザイナーズブロックや100% DESIGN TOKYOに出展した。ここでデザイナーのネットワークが広がった。そこで知り合いになったデザイナーが、産地をデザイナーで盛り上げる会を主催しており、それに参加することに。これが大きな転機となる。この会ではさまざまなメーカーと知り合うことができ、交流が深まり、製品化のプロセスにおける様々なアドバイスをもらえるようになった。2007年からは母校の工房担当となり、使える素材や工具・機械の幅が格段に広がった。そこで、学生にそれらの使い方を教える傍ら、家具以外のプロダクトのサンプルも製作し、色々なメーカーに提案していくようになる。それがいつしか実を結び、メーカーから声がかかるようになった。

通常はデザインを元にサンプルをメーカー側で製作するため、図面からサンプルにするまでのやりとりが煩雑になりがちで、途中で齟齬が生じやすい。サンプルによる提案であれば、それを元にストレートに意見交換ができるため、決定まで非常にスムーズに進められるのだ。もちろん、売れるデザイン力があってこそのことである。大森さんは、オリジナルブランドも展開し、売れている商品が複数ある。さらに、コスト、販路なども見据えた商品づくりができる。現在はこのようなスタイルと特に相性がよいという「工芸品」の分野を軸に、数々のコラボレーション商品を生み出している。

最後に大森さんは語ってくれた。「つくる側と『一緒に』ものづくりができるこのスタイルを、とても気に入っています。実物があったほうが、イメージが伝わるので話が早いですし、納得してやる気を出してくれます。私なりのデザイナーとメーカーの理想的な関係だと思っています」――現場がわかる大森さんだからできるものづくりに、今後も期待せずにいられない。

KENICHIRO OOMORI MOVING DESIGN
大森 謙一郎

【事業内容】 

プロダクトデザイングラフィックデザイン、ディレクション、コンサルティング、オリジナルブランド商品の企画・製造・販売

【所在地】 

東京都

【創業年】 

2009年設立(2002年よりフリー活動開始)

【取扱品目】 

家具・雑貨・工芸品などのプロダクト製品のデザイン、グラフィックデザイン

【サンプル】 

木工・金工・樹脂加工・布製品などのサンプル作成が可能

【デザイン実績】

  • 受託8社
  • コラボレーション4社(株式会社我戸幹男商店、廣田硝子株式会社、ロジ・アソシエイツ、有限会社ワイピイシイ)
  • 共同ブランド「BridgE」、オリジナルブランド「Central」

【ウリにしている点】

  • サンプルを自身で作成できるため、初期段階からイメージに齟齬が少なく、双方納得のうえ、進められる。また、製法を含めてアドバイスを行える
    (木工、鉄工、樹脂加工、布の縫製などが可能)
  • オリジナルブランドを卸しているため、コストや上代設定などを含めた数字などを見越した生産のアドバイスが行える
  • インテリアライフスタイル、100% DESIGN TOKYOなどのほか、TENT LONDONやdesignboom mart new yorkなど、国内外の展示会への出展を経験している

【メッセージ】

「一緒に」ものづくりをすることで、喜びを分かち合えたら嬉しく思います。

単純にデザインを依頼されて、図面やサンプルを渡して終わり。できた商品は売れずに「なんでだろう?」と悩んだ苦い経験が私にもあります。売る側の皆様自身が、モチベーションがあがるような商品を「一緒に」作っていかないと、販路は生まれないと思っています。

ああでもない、こうでもない言いながら、納得できるものを「一緒に」つくりましょう!

PAGE TOP